はっきり言って、私は飲むことが好き。でもアルコホリックではありません。

一番好きなのはやっぱり日本の居酒屋だけど、倫敦では無理だし。
海外だと飲むスタイルって全然違うから、かえって面白かったりして。

あとね、私の実体験に基づく、私は確信している事実。

酒 が入ると、外国語、聞 けて 話せて 分かるようになります、これ、ホント。

専門用語で言うと「情意フィルター」というのが自分達の中でどんどん下がって行きます。
「情意フィルター」というのは、簡単に言えば自分の中でのバリアー。

外国人と外国語を話したかったら。まず飲め。
相手が飲めないやつだったら・・・・・それでも君だけは飲め。

マルガリータ
塩でぴりりと、緑色がキレイなカクテル

 

テキーラ(巻き舌調で)
勢いであけてしまえ、ワンボトル

 

 

 
フランス・Fabママのお酒
自家製ディジェスティブ
  イギリス・シャンディ
イギリスならではのビールの楽な飲み方
  日本・甘酒
春だよなぁ。ある漫画の作り方から簡単に

フランス・ルジェ・カシス
フランスの有名なリキュールの話

  アイルランド・ギネスビール
このギネス社があのギネスブックの生みの親
  日本・日本酒 「春鶯囀」
実家近くの日本酒の銘酒
フランス・アペリティブ
ご飯を美味しく食べる、フランスの知恵
  イギリス・紅茶
初めてのノンアルコールだぁぁ
  日本・日本酒 「菊姫」
私の日本酒人生の始まり
フランス・ディジェスティブ
消化のことまで考えた、お酒の飲み方
  イギリス・パブ
イギリスになくてはならないもの
  シンガポール・スリング
西洋人のオリエンタルなイメージって
フランス・赤ワインとチーズ
チーズとワインの法則。
  イギリス・ブラッディ・メアリー
イギリスの歴史と面白い関係を持つ
  ドイツ・地 ビール
ビール天国ドイツのアルトビール

モドル

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー