シンガポール・スリング


このカクテルは1915年にシンガポールのラッフルズ・ホテルで初めて作られたそうで、

これはあまりにも有名な逸話になっているので、ご存知の人も多いことであろう。

このラッフルズ・ホテルに滞在していたこともあるイギリスの文豪、サマセット・モームに

「エキゾチックな東洋の神秘だ」と言わしめた「シンガポール湾の夕焼け」を表現したカクテルが

シンガポールスリング。



シンガポールに行ったときに、ぜひとも一度は試してみたいと思ったのだが、

やはり仕事ということもあって、そんな時間は無く。

次に行くときは、必ず。なんて思ってみたり。



サマセットがいった言葉が本当かどうかわからないが、

これはちょっと「東洋」つまり「オリエンタル」な香りがするらしく、

この前、人に連れて行ってもらったお店で「私をイメージした」ということで、出てきたのがこれだった。

私はあまりカクテルは好きではないのだが、このときは何となくこの色がきれいで、

色が確かに底の方が赤くて上に来るにしたがって淡い色になっていて。

飲んだ後に「あ、これがシンガポールスリングかぁ」ってわかったくらい。何も知らなかったけれども。



ドライジンとレモンジュース・シュガーシロップをシェイクして、ソーダを入れて

最後にチェリーブランデーをゆっくり端から入れる。

チェリーブランデーも一緒に最初シェイクするパターンが多いらしいのだけれど、

そうすると、色が一色になってしまって、見た目が面白くないらしい。

ゆっくり入れてそこにためるのが秘訣だと、教えてくれた(んだとおもう、多分、英語だったもんで・・・)。

本当のラッフルズホテルだと、さらに色んな物がいっぱい入るらしいのだけれど。

いや、これはこれだけでおいしかった。

ちょっと甘かったので、次はシロップを抜いてもらった。そっちの方ががおいしい気がする。



なんか、お店に行って「私をイメージして・・・」っていうのに慣れていないので(悲しいかな)

かなり上機嫌だったのだが。

その時一緒に行った彼女(日本人)も「私も最初にこれもらったのよ」と言っていた。

何だ、皆に出してるのかぁ。うまいな、おやじ・・・。

ふん、どうせ私が中国人か日本人かもわからないんだろうよ。


モドル         もっとモドル

 

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー