イギリスの紅茶


紅茶といえば。昔からインドとつながりの強い関係で、イギリスの国家的飲み物となっている

日本の茶と同じように、世界的にも有名だし、イギリス人は大好き(なはず)だ

飲むのも日本のお茶ととてもよく似ている。強いて違いを言えば、食事中は飲まないことかな。

ここでティーバッグを使ったイギリス流の紅茶の入れ方をご紹介。

えぇ、本来は茶葉でポットなんだろうけど。それはまた今度。



まず、カップにミルクを1センチほど(慣れてきたらお好みで)
ティーバッグを1個、入れます。砂糖を入れたい人はここで。


カップに沸きたての熱いお湯を入れます。


スプーンでお好みの色になるまでバッグをゆする
これも慣れてきたら「自分の色」というのがわかるようになります。


色がついたらスプーンでバッグを取り出す
ここでバッグを強く絞る必要話。苦くなるので。


出来上がり。砂糖を入れた人はよくかき混ぜて。
紅茶は熱いうちに飲み終わるのが鉄則。冷めた紅茶は最悪だそうで。

こちらにいると、この人は薄い紅茶が好きとか、この人は砂糖2杯とか

その人によって紅茶のスタイルが違うので、なれるまでは他人のを作っても失敗しっぱなし。

最初にホストファザーに「うん、いい色だ」と誉めてもらったときは嬉しかったなぁ。


あと、ほとんどミルクティー。レモンティーはめったに見ない。ストレートも、時たま。

私の好きな紅茶は、ミルク多め(3センチぐらい)で、ゆっくり濃く入れた紅茶。

これではないですが、「アールグレー」のミルクティーは大好きですね。

友達の言い方をすれば「飲みしんぼう」。まさしく、そうなります。


モドル         もっとモドル

 

 

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー