いわし。魚の弱いやつと書いて、鰯。


食べることが好きで、しかもめったなことではまずいとは言わない私。

でもそんな私も食べられない物というのもあるわけで。

それは「イワシ」。

なぜかというと、生臭くて、駄目。食感が、駄目。味も、駄目。



こういうと、他の魚は大丈夫なのに、どうしてイワシだけ??ってよく言われるけれども。

他の魚とイワシは違う。臭いが違う。



きっと、おいしいの食べてないからだよー、という方もいるんでしょうが、

食べました。おいしいといわれているものも。

イワシ料理専門店に連れて行かれたことがある。

イワシの刺身から始まって、てんぷら、フライ、煮込み、その他色々。

あまり憶えていない。でも、拷問に近かったのは憶えている。

やっぱり駄目だった。最後のツミレ汁は、汁だけ頑張って飲んだ。



子供の頃節分にはいつもイワシの焼いたのが出てきていたような。

家に帰るときにいつも臭いで分かったような。

小さいころはニボシも駄目だったので。でも大人になって、やっとウルメイワシまでは大丈夫になった。

それもウルメイワシの丸干し限定。あれは、おいしいとも思える、かな。お酒と一緒なら。



そんな私がこっちに来て、「オイルサーディン」という物に出会った。アンチョビー。

「イワシの油びん詰め」 ギャー、何ておぞましい・・・なんて最初は思ってたんだけど。

ピザを頼んだときに、トッピングで入ってて、で、間違えてコレを食べちゃって、で、発見。

「私、このイワシなら食べられる。というか、コレ、おいしい。」

友達に「アンチョビトースト」なるものを教えてもらってから、というもの

私はイワシをトーストに乗っけて食べられるようにまでレベルアップした。



見た目はすごくグロイけどね、アンチョビートースト。でも、馬鹿ウマ。

こんな調子だと、普通のイワシも食べられるようになってんのかなぁ、なんて思いつつ。

それは今度日本に帰ったときに試してみるか・・・。

 

アンチョビートーストの作り方

 

モドル         もっとモドル

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー