味噌そうめん


世間一般では、そうめんは夏の食べ物と相場は決まっているようであるが、

そんなことは関係なく、一年中そうめんを愛されている方々もいらっしゃるわけで、

そのお宅にお邪魔すると、一年中そうめんが食べられる訳であり

そんなこんなで私もそうめん好きになりました。



このそうめん好きのおじさんの為に、以前「流しそうめん機」なるものをプレゼントしたことがあり。

それで1年中流しそうめんが楽しめるようになった。

この機械に氷をいっぱい浮かべて、冷たくしてから麺を流す。

もうお互い大人なので、麺を取り合う喧嘩もないし、おいしくいただける。



話は流れるが、流しそうめんというと、子供の頃の記憶で

山梨の「オジロ川」というところによく行ったような。

その流しそうめんは、銀色の円卓になっており、まるで巨大な綿菓子の機械の用でもあった。

で、その真ん中の器に麺を入れると、その周りに開いた穴らしきところから麺が出てくる仕組みで。

まさしく綿菓子と同じ原理。

円卓なので、どこが川上、下ということも無く、比較的喧嘩も少なく食べられたような。



世間一般では、そうめんのめん汁は醤油と決まっているようであるが、

そのそうめん大好き一家のめん汁は醤油じゃございませんで、なんと「味噌」を使って作るのである。

この味噌味のめんつゆ、初めて食べたときはとてもビックリ。

「こういう味もありだよなぁ」とたいそう感心&感動したもんで。

何でも長野や川越の一部では、この味噌のめんつゆで食べるんだそうで。



そう言われると、この味噌そうめんの味は、なんだか田舎を髣髴をさせるような

決して都会の味ではないけれども、きっとヤミツキになること請け合い。

作り方もごく簡単で、誰でも作れると思われるし。



大切なことは、麺もめん汁もよーーーく冷やしておくこと。

あと、そうめんの麺は「揖保の糸」であること。

これはこの一家のこだわり。

 

味噌そうめんの作り方           日記にモドル

 

モドル         もっとモドル

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー