フランス・クレープ


FabとAnの家にお邪魔していたときのある日の夕食、クレープだった

その日の昼は結構重い食事をしていたので、彼女が気を利かせて「軽い夕食」として選んでくれたもの



彼らの家にはクレープ専用の焼き機みたいなものがあって、鉄板に直径10cmの円の窪みが6つついている

その窪みにクレープの生地を流し込み、焼けてきたら上にデリカテッセンの生ハムやらベーコンやらを乗せ

その上にナチュラル(とろける)チーズをかけ、チーズがとろけてきた具合を見計らって、皿に取り、そして食べる

で、食べたらまた鉄板に生地を流し、今度はチーズだけ、とか、ハムだけ、とかのように

個人個人で好みの具を乗せて、焼いて食べる

感覚としては、日本の家庭の手巻き寿司のような。自分の好きな具を選んで食べる訳なので



で、食後、今度はまたクレープを焼き、それを皿に取り、レモン汁と砂糖を振りかけて食べる

これがデザート。バナナを薄く輪切りにしたものを乗っけたり

他にはチョコクリームやジャムをのばしたりしてもOK

クレープ生地自体がすごく軽いので、何枚でもいけるんだな、これが



このとき、Anが私にクレープの作り方を教えてくれたのだが、この分量は、彼女のママから教わった物

それぞれの家でそれぞれの作り方があるらしいが、大体、材料は同じなのかな

これで結構な量ができるが、冷蔵庫でとっておけば2日は持つらしい

ということで、そのクレープ生地の作り方、ご紹介

 

クレープ生地の作り方

 

モドル         もっとモドル

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー