博多ラーメン



chabokiyoと対談形式で博多ラーメンの茹で方を語る。

chabokiyo:    これは「元祖 長浜ラーメン」というお店。
しのいず:    あれ、値段が安いんだねぇ。ラーメン。

chabokiyo:    この潔いメニュー
しのいず:    そうだね(笑)
chabokiyo:    店に入ったら人数を言うだけ。
しのいず:    なんか、ホープ軒みたいだね、あ、でもそれよりもメニューは少ないか。

chabokiyo:    ちなみに麺の「茹で加減」。「固め」、「バリカタ」。その上はなんでしょう?
しのいず:    へ??
chabokiyo:    博多では「通の食いカタ」とされてる。らしい。注文の時に言う言い方なんでしょう?
しのいず:   
うーんと、「かた」
chabokiyo:    それは、「カタメ」
しのいず:  そうか。じゃ、「かたまり」
chabokiyo:    ブー。違います。
しのいす:    うーん「ハード」
chabokiyo:   ブー。降参?
しのいず:   
そのまま、「ナマ」
chabokiyo:    せーいーかーいー
しのいず:    え?ええ??

chabokiyo:    麺をそのままスープに入れます。
しのいず:    なmな? 生??ええーー!
chabokiyo:    3秒で出てくるらしい
しのいず:    すごい。あたったー。
chabokiyo:    僕は食べたこと無い。
しのいず:    ありゃ、通じゃないねぇ
chabokiyo:    だって、美味しくなかったら、いやじゃん
しのいず:    でも通じゃないねぇ。通は、なんでも試さないと、だよ
chabokiyo:    いいんだよ、だって、生のままなんて、うまくないと思うよ。
しのいず:    あれ、そう?じゃ、なんでメニューにあるの?
chabokiyo:    そうでしょ?そういう客がいるということ。
しのいず:    ほぉぉぉ
chabokiyo:    もちろん店のメニューにはない。
しのいず:    あ、ないんだ?
chabokiyo:    茹で方についてメニューに書いてあるのはないよ、九州では。常識だから。
しのいず:    あ、そうなの?じゃぁ、湯で加減は自分で言うんだね。ほぉぉ
chabokiyo:    そうです。別にこの店だけではないよ。多分。
しのいず:    へぇ

chabokiyo:    あとね、「ハリガネ」って言うのもあるらしい。
しのいず:    「はりがね」?それは、麺の固さで?
chabokiyo:   
ニュアンス的に「バリカタ」の上
しのいず:    で、「ナマ」の下?
chabokiyo:   
じゃないかなあ
しのいず:    へぇぇ。すごいんだねぇ。微妙だねぇ。
chabokiyo:    でも、あまり聞いたことないし
しのいず:    あんなに博多ラーメンって麺が細いのにねぇ。ゆで方変えるんだもんねぇ。すごいねぇ。
chabokiyo:    でね、僕らの中で考えたのは「バインド」。まだ使ったこと無いけど。
しのいず:    「バインド」?って、あの?ははは。
chabokiyo:    「ハリガネ」より食べやすそうじゃない?
しのいず:   
へぇぇ、そうかぁ、何かにたとえて注文すれば良いのかぁ。
chabokiyo:    しらない。そういうものではないと思う。
しのいず:    おもしろいねー
chabokiyo:    「ハリガネ」はあまり市民権は得てないみたいだった。

しのいず:    柔らかいほうの言い方はないのかね?
chabokiyo:   
ないね。柔らかい豚骨ラーメンなんてうまくない。と思うけど、言えばやってくれると思うよ。
しのいず:    ほぉぉ
chabokiyo:    基本的に、お客さんの好みの固さでッて感じじゃないのかなあ
しのいず:    でもさぁ、それをどうやって伝えるの?あ、だから、何かに例えるのかぁ。ほぉぉ。
chabokiyo:    柔らかめ?でも、普通はカタメ。バリカタ(超カタとも言う店もある)。じゃないのかな
しのいず:    そうなのかぁ。
chabokiyo:    うん。
しのいず:  じゃ、何も言わないと、それで出てくるんだね。ほぉぉ。
chabokiyo:    ・・・なんかさ、そんな、君の想像してるほど面白いやりとりはないぞ。
しのいず:    あれ、そうなのかい?
chabokiyo:    何も言わないと普通。これはねえ、行かなきゃわかんないかもね。
しのいず:    うーん。そうなるねぇ。

chabokiyo:    ・・・正確に伝わってるかなあ
しのいず:    あ、皆に伝わらないか?いや、今の私がわかっているんだ、分かるだろう。 
chabokiyo:    いや、君に。
しのいず:    え、私は分かっているよぉ。    
chabokiyo:    僕の説明で。
しのいず:    いやいや、大丈夫だろう。これはぜひ行かないとねぇ。九州。うんうん。


モドル         もっとモドル

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー