お菓子のお話



英語でお菓子・甘いもののことを「Sweets スウィーツ」という。

イギリスの場合、飴でもガムでもグミでもクッキーでも何でもかんでも

全て「スウィーツ」と呼ぶ。日本の「お菓子」という総称と同じ感覚。

で「Candy キャンディ」という呼び方がある。実はこれはアメリカ英語。イギリスではあまりこの言葉は使わない



カントリーマームだったか、アンおばさんのクッキーだったか、コマーシャルによれば、

アメリカ(だったか??)の女の子が一番最初に覚える料理のレシピが「クッキー」だとか。

それとは全然関係ないけれども、私が小さい頃から一番よく作ったお菓子はクッキーだった。



最初のクッキーは「ノンタンの誕生日」という本からだったのだが。

私の兄弟はみな揃ってこの「ノンタンシリーズ」が大好きだった(んだとおもう)。

今でも絵とお話を覚えているものも多く。

「ノンタンおねしょでしょん」「ノンタンほわほわほわわ」「あかんべノンタン」

そして、「ノンタンぶらんこのせて」

で、この「ノンタンの誕生日」の本の裏表紙には、なんとノンタンクッキーの作り方が載っていたのだ。

それを最初に母親とつくったのが、最初なんじゃないだろうか。



作り方もノンタンやウサギさんやクマさん達が教えてくれる。

特に覚えているフレーズは「バターを白っぽいクリームのようにフワフワに練る」

「粉を入れた後、ざっくり切るように混ぜる。決してコネコネしないこと」

「冷蔵庫で30分寝かせる」

これは、ノンタンクッキーだけに限らず、私のクッキー作りでのお約束に、今でもなっている。


 
 


ピーナッツバタークッキー       プリンプリン

ノンタンクッキー          十五夜のお団子

 
 



モドル         もっとモドル

 

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー