VEGETARIAN  ベジタリアンの料理


日本に比べて、やはり欧米人はベジタリアンの人が多いと思う。

スーパーでもベジタリアン用の食材がある。ほとんどのレストランにはベジタリアンメニューがある。

メニューが無いところでも、普通のメニューにちゃんとベジタリアン用のマークがついていたりする。

こちらでは、ベジタリアンの人も安心して外食が出来るようになっているのだ。



実はこの「ベジタリアン」という言葉はイギリスが発祥の地。1847年の英国ベジタリアン協会発足時に初めて使われた。

もともとラテン語で「健全な・新鮮な・元気のある」という言葉の「VEGETUS」に由来するそうだ。

この協会の本来の定義では、「卵と乳製品を食べるかどうかは問わない」ことになっているらしい。



で、イギリスに来て、初めてベジタリアンにも種類があることを知った。

というのも、私の友人の"ミリ"がベジタリアンだったから。その彼女に色々教えてもらった。



まず「VEGAN ビーガン」。

これは純粋菜食主義者で、食用・衣料用・その他の目的のために、動物を殺したり苦しめることを

出来るだけとめようという主義の人たち。動物の肉はもちろん、卵・乳製品、ゼラチンや蜂蜜にいたるまで、食用とはしない。

そして革製品やシルク、ウールなども身につけることはしない。全ての動物性食品・製品を利用せずに生きる。

またなかには「イースト」を使った食品までも食べない、というストリクトなビーガンの人もいる。



次は「VEGETARIAN ベジタリアン」。食用以外の動物の利用を避けようとはしない人たち。それも2つにわかれ、

「OVO-LACTO VEGETARIAN」は卵と乳製品は食べる人たち、「LACTO VEGETARIAN」は乳製品は食べる人たち。

他には魚は食べる「PESCETARIAN ぺスクタリアン」、ビーガンよりも更にストリクトな「FRUITARIAN フルータリアン」

このフルータリアンの人たちは植物を殺さない食品のみを食べる、というもの。

例えば「りんご」はその実をとっても木が死なないからOKだけど、「ニンジン」は死んでしまうので、駄目。

と考えていくと、根菜類がまず駄目で、後は葱とかほうれん草なんかも駄目、らしい。

ここまで来ると、食べるのも大変そう。



で、こちらでは、ビーガンの人が結構、多い。それは男の人も女の人も含めて。

純粋に動物がかわいそうだ、という考えを持つ人も多いし、後は精神的・健康的な理由からも。

ちなみに"ミリ"もビーガン。だから彼女は牛乳も卵も食べない。彼女がそうなったのは、高校生のときからだという。



そんな彼女の家にお邪魔すると、料理にはもちろん肉は入っていない。調味料もしかり。

彼女は調理する時に、野菜だけでも十分美味しく食べられるように、いろいろな工夫をしている。

だから、野菜だけでも十分に美味しいし、私も彼女の料理は大好きだ。



そんなミリが私に教えてくれたベジタリアン料理の数々。

ホント、美味しいよ。
 
トマトパスタの作り方           ガスパッチョスープの作り方


ビーガンのスパニッシュオムレツの作り方        普通のスパニッシュオムレツの作り方
 

モドル         もっとモドル

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー