コンドゥさんの独りゴチ。



話のきっかけは、この夏、私の掲示板に「田舎馬鹿3人組」で書き込んでくれたときのこと。

前からこの『トイレ部屋』は、日々の生活での書捨て・吐き捨ての場にしようと思っていたのだけれど、

まだ私はそんなにたまっていなくて、なんとなく空いた状態でずっと放置したままで。

せっかく空いているなら、誰か使わないかなぁ、と思って。

なーんか、溜まってそうな"コン"ちゃんに、「トイレの部屋、使ってみる?」と聞いてみた。


超アナログな彼女であるが、かなり乗り気になってくれて。で、ここに彼女の部屋を開設決定。

もちろん、超アナログであるから。自分PCは、もちろん、持っているわけがなく。

ということで、彼女は毎回「携帯電話」から、必死の納稿ということになる。


ページの色は「ピンク」。これは、最初から決めていた。「ピンクジャージ」。ね?

ということで。やっとこさ2回目以降が独りゴチが到着。


すばらしい!!

まるでこの文を携帯で打っているとは思えない位の大作!!

でも、送ってくるメールアドレスは、彼女の携帯だし。

凄いよ!!いまだに携帯からなんだね。がんばれ、携帯投稿人。

第5回 「新年明けての彼女からのメールより」

第4回 「第一回おいたち話」

第3回 「ボロ布女とヤニ切れ女」

第2回 「天使のいたずら」

第1回 「独りゴチ」

「コンドゥ」さんって??

 

モドル      もっとモドル

 

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー